• ホーム
  • ピルを通販する前に病院処方を受けましょう

ピルを通販する前に病院処方を受けましょう

ピルを手に入れたいという場合、どのような入手方法があるのでしょうか。
基本となるのはレディースクリニックや、婦人科といった病院を受診して医師から処方してもらうという方法です。
最近はインターネット通販でもピルは購入できるようになっています。
ですが、安心・安全の事を考えるのであれば、病院処方を選択しましょう。

この医薬品には2種類の女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンと、同じ働きをするホルモン製剤を主成分としています。
服用する事によって、体内の女性ホルモン量を一定にキープできるのがピルの特徴です。
女性の身体はエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が変化すると、排卵が起こったり生理になるというメカニズムが備わっています。

ピルを服用すると女性ホルモンの量が常に一定となり、排卵をストップさせて避妊の効果を得られるという仕組みです。
排卵自体が起こらなくなるので、ピルはほぼ100%の確率で避妊の効果を得られる医薬品と言われています。

ただ避妊効果を得る為には、正しい服用方法を事前に知っておかなければいけません。
間違った方法で服用してしまうと、女性ホルモンのバランスが変わってしまい排卵してしまうリスク高まります。
排卵してしまった後にいくらピルを服用したとしても、避妊の効果は得られません。
避妊目的でピルを活用したいという場合は、特に正しい服用方法を事前に知っておく事が大切です。

病院で処方してもらった場合、医師や薬剤師から事前に正しい使用方法をレクチャーしてもらえます。
一方、インターネットなどで通販した場合、服用方法などの情報も自分で全て確認しなければいけません。
この時、間違った情報を得てしまった場合は正しくピルを活用できなくなります。
そうなってしまうと、服用してもほとんど効果は得られないでしょう。
ピルの効果を確実に得たいという場合には、しっかりと使用方法を教えてもらえる病院処方を選ぶほうがベストです。

通販で購入したピルで問題が起きても自己責任となる

インターネット通販などでピルを購入した場合、何かしらの問題が起きても全て自己責任となります。
インターネット上には多くの医薬品が通販されていますが、その中には多く偽造品も含まれています。
もし偽物のピルを購入してしまった場合、有効成分が全く含まれていないので服用しても意味はありません。

病院で処方してもらえるピルはもちろん全て本物です。
偽物を掴まされるというリスクは病院処方の場合にはありません。
通販の場合、有効成分が入っていないというものだけでなく、成分は入っているけれど劣悪な環境で製造されている医薬品も少なくないようです。

このような偽物の場合、副作用が大きく出てしまう危険性もあります。
通販で購入したピルには偽物も多く含まれているという事は、覚えておいたほうが良いポイントです。
仮に本物のピルを通販で入手したとしても、全く問題は無いという事はありません。
体質などによって服用すると副作用を起こす危険性もあります。

病院で処方してもらった場合、もし副作用が起こったら医師の診察を受けられます。
他の種類のピルに変更したり、血液検査などしかるべき検査を行い何故副作用が起こったかを調べてもらう事も可能です。
通販の場合は自己責任となるので、もし副作用が起こったとしても自分で解決しなければいけません。

またインターネット通販の場合、海外から医薬品が配送されるという仕組みとなっています。
手元に届くまでに荷物が紛失してしまうケースも考えられます。
病院処方であれば、このようなトラブルも起こりません。
自分の身体の中に取り込む医薬品である以上、安全・安心には気を配る事が必要です。
通販の場合は全て自己責任となるので、安心・安全を考えるのであればピルは病院で処方してもらいましょう。